名古屋弁護士リアルバリュー

不動産・相続・金銭問題に強い名古屋の弁護士

弁護士梅村正和

リアルバリュー法律事務所(愛知県弁護士会所属)は、不動産・相続・金銭トラブルに強い名古屋の弁護士事務所です。

これまで、名古屋市を中心として愛知県・岐阜県・三重県などで土地や建物の不動産に関わる多くの問題を解決してきました。

名古屋市やその周辺地域(愛知県・岐阜県・三重県)の方!

不動産・相続・金銭問題でお困りの方!

不動産・相続・金銭問題に強い弁護士が、あなたの代理人として、交渉・調停・裁判の代理を行います。
 

初回30分無料相談を行っています。
不動産・相続・金銭問題は、下記まで今すぐお問い合わせください。
TEL : 0120-987-976

※ 電話のみにての相談は行っておりません。当事務所にお越しいただける方のみの無料相談となります。

 

不動産問題で弁護士をお探しの方へ

リアルバリュー法律事務所が不動産に強い理由は、当事務所の弁護士は、① 政府系金融機関での担保評価② 不動産鑑定士としての鑑定評価と不動産調査③ 弁護士として受任した不動産トラブル案件などを全て合わせると、不動産に関して4000件を軽く超える経験があるためです。

これまで、名古屋市を中心に、愛知県・岐阜県・三重県などの不動産トラブルを解決してきました。

当事務所の弁護士は、不動産鑑定士としての知識、弁護士としての交渉力を生かし、【お客様と供に歩む最強・最良のパートナーであり相談者】として、あなたの代わりに交渉いたします。

土地・建物の売買や借地・借家トラブル(地代や家賃、立ち退きなど)に関して、不動産に関わった経験を生かして有利な解決へ導きます。
名古屋市やその周辺地域(愛知県・岐阜県・三重県)で、不動産問題でお悩みの方はご相談ください。

初回30分無料相談を行っています。
不動産・相続・金銭問題は、下記まで今すぐお問い合わせください。
TEL : 0120-987-976

※ 電話のみにての相談は行っておりません。当事務所にお越しいただける方のみの無料相談となります。

 

相続問題で弁護士をお探しの方へ

リアルバリュー法律事務所が相続問題に強い理由は、4000件を軽く超える不動産に関する経験と数々の相続問題の実績があるためです。

相続問題では不動産をどのように評価するかで大きな差が出てしまい、損をすることがあります
当事務所の弁護士は、不動産鑑定士の資格も取得しています。不動産鑑定士としての強みも生かし、相続問題を解決いたします。

また、遺産分割に関して分割案の作成には不動産鑑定の知識が必要です。土地を変な風に分割したりすると土地の価値が大きく下落し、取り返しの付かない事態にもなりかねないので注意が必要です。二次相続を念頭に最適な分割案を作成します。

土地と建物は、現金や預金のように簡単に分割できません。
遺産相続における不動産の分配問題・遺留分減殺請求などのトラブルには、当事務所の弁護士は、① 金融機関出身、② 不動産鑑定士、③ 弁護士というトリプルの強みで有利な解決へ導きます。

相続・遺産分割・遺留分減殺請求などの相続問題は、詰まるところ不動産問題です。
相続財産が現金や預金だけなら、遺産分割であれば、法定相続分に応じて按分するだけです。 株式も上場企業のものなら客観的な価格が把握できますので、法定相続分に応じて計算するだけです。

不動産以外で問題になりそうなものは、同族企業の自社株の価値ですが、これも、その同族企業の資産状況などで価値が決まることも多く、 そうなると結局は不動産問題ということになります。
したがって、相続問題は不動産問題ということになるため、相続関係の依頼をする場合も、 不動産に強い弁護士に頼んだ方が良いということになります。

不動産に強い弁護士が相続に強い弁護士ということになります

これまで、リアルバリュー法律事務所では、名古屋市を中心に、愛知県・岐阜県・三重県などの相続問題を解決してきました。

名古屋市やその周辺地域(愛知県・岐阜県・三重県)で、相続問題でお悩みの方はご相談ください。

初回30分無料相談を行っています。
不動産・相続・金銭問題は、下記まで今すぐお問い合わせください。
TEL : 0120-987-976

※ 電話のみにての相談は行っておりません。当事務所にお越しいただける方のみの無料相談となります。

 

金銭問題で弁護士をお探しの方へ

リアルバリュー法律事務所が金銭問題に強い理由は、当事務所の弁護士は、政府系金融機関に勤務していた経験があるためです。

債権回収・管理や融資審査などの経験から金融機関との交渉に強く、金銭トラブルの交渉も得意としています。

多重債務・過払い金返還請求・自己破産などの個人債務問題から売掛金の回収・契約不履行などの企業間の貸借の問題まで、金融機関出身の弁護士の強みを生かして解決します。  
名古屋市やその周辺地域(愛知県・岐阜県・三重県)で、お金の問題でお悩みの方はご相談ください。

初回30分無料相談を行っています。
不動産・相続・金銭問題は、下記まで今すぐお問い合わせください。
TEL : 0120-987-976

※ 電話のみにての相談は行っておりません。当事務所にお越しいただける方のみの無料相談となります。

 

最新情報

2019年3月18日
最新情報
占有移転禁止仮処分で延滞借主が退去(平成31年3月18日掲載)
訴訟などの本来の手続の前提となる処分の段階で解決が付いた事案です。 通常、家賃滞納の借主を退去させるためには、家賃滞納を理由として賃貸借契約を解除し、解除の結果、借主が物件に滞在する理由がなくなるので、物件の明渡しを求め・・・
2019年3月13日
最新情報
特別受益と扶養義務との関係(判例その4)(平成31年3月13日掲載)
ア.昭和42年1月11日東京高等裁判所決定/昭和41年(ラ)第583号 (遺産分割審判事件に対する即時抗告事件) 「 共同相続人の全員が婚姻のために贈与あるいは  普通教育以上の大学教育を受けた学資を受けているときは、 ・・・
2019年3月12日
最新情報
特別受益と扶養義務との関係(判例その3)(平成31年3月12日掲載)
昭和47年11月15日東京家庭裁判所審判 「生前贈与が生涯の伴侶に対する実質的な共有財産の清算的配分の性質をもつ と共に、老後の扶養の保障的意味のものであったり、病弱な子の病気療養ならびに相当の生活を維持するための生涯の・・・
2019年3月11日
最新情報
特別受益と扶養義務との関係(判例その2)(平成31年3月11日掲載)
昭和56年6月18日福岡家庭裁判所小倉支部審判   「被相続人(亡くなった人)の配偶者(奥さん)を除くその他の相続人(亡くなった人の子供たち)は、 被相続人から教育のための学資、婚姻費用等の経済的援助を受けており、その額・・・
2019年3月10日
最新情報
遺言書の保管制度(平成31年3月10日掲載)
相続法の改正で、自筆証書遺言を保管する制度が創設されました。 「法務局における遺言書の保管等に関する法律」という法律によって、遺言書保管所の遺言書保管官が取り扱うこととされています。 この制度は、遺言書の利用促進を図ると・・・
2019年3月9日
最新情報
特別受益と扶養義務との関係(判例その1)(平成31年3月9日掲載)
親が子に金銭的援助をしていた場合に、それが特別受益となるかどうかは、親の援助が扶養義務の範囲内と言えるかどうかが鍵になります。 たとえば、平成21年1月30日東京家庭裁判所審判では、被相続人から相手方に対する送金のうち、・・・
2019年3月5日
最新情報
特別受益になる生前贈与とは何か(平成31年3月5日掲載)
前の記事に書いたように特別受益になるかどうかで相続する財産の額が大きく違ってくることがあるためある財産を生前に譲り受けたことが特別受益かどうかが争われることがあります。 特別受益になるような生前贈与とは、判例上は「生計の・・・
2019年3月4日
最新情報
特別受益(平成31年3月4日掲載)
特別受益とは、分かりやすく言うと、 被相続人(亡くなった人)から生前贈与を受けた相続人は、 生前贈与を受けた分だけ相続する財産が減るという制度です。 多額の生前贈与を受けていれば、何も相続できない場合もあります。 特別受・・・
2019年3月3日
不動産の法律
無道路地でも隣地通行権があれば建築確認が下りるか?(2019年3月3日掲載)
無道路地とは、公道に接面していない土地のことです。 公道とは、国道・県道・市町村道・その他建築基準法で道路と認定されている道のことです。 つまり、 無道路地とは、他人の土地を横切らないと公道に出ることができない土地です。・・・
2019年3月3日
不動産の法律
建築確認が下りない! なぜ、1.8mしか接道してないの?(2019年3月3日掲載)
土地に建物を建築するためには、その土地が道路に接面していなければなりません。 これを接道義務と言います。  しかも、ただ接面しているだけではダメで、土地と道路が接面している部分の間口が2m以上なければなりません。 そうで・・・

名古屋近郊の方限定、初回30分無料相談

名古屋近郊の方を限定とした初回30分無料相談を行っています。
下記まで今すぐお電話ください。
TEL : 0120-987-976

サブコンテンツ

このページの先頭へ