父親が亡くなり、その相続についての遺産分割に関する案件です。

依頼者は、自分がほとんど遺産を相続できない遺産分割書に他の相続人(兄弟)や親戚から、かなり強行的にハンコを押すように言われ、依頼者自身も 「あまり親の世話をしなかったし、まあしょうがないかな」 とあきらめかけていた案件でした。
 
そんな、あきらめかけていた時期にリアルバリュー法律事務所へ相談に来られたのですが、よくよく話を聞くと、他の相続人も特別親の面倒を見たわけではなく、むしろ、依頼者より多く、父親の生前、いろいろと援助を受けていたので、あまり親から援助を受けていなかった依頼者は当然の権利として一定の遺産を要求すべきような事案でした。
 
そこで、依頼者のために遺産分割調停を家庭裁判所に申し立てました。

色々と奮闘した結果、
固定資産税評価額が約1千万円の土地・建物と相手方からの代償払い金6千3百万円の合計7千3百万円相当の財産を相続することができました。
 
依頼者には「遺産を全く相続できないとあきらめかけていたのにこんなに大きな金額を得られるとは」と喜んでいただけました。