回答:

 

自分の土地に隣の塀が倒れ込んできそうな状態

なので、

自分の土地を守るために、塀が倒れないように

予防措置をしてくれと隣地所有者に言う権利が

あります。

 

隣の土地から自分の土地利用等を妨害されることを

予防するため、自分の土地の所有権に基づいて

請求する権利なので妨害予防請求権などと言います。

 

実際に、自分の土地に倒れ込んでしまい、自分の家が

損壊したなどの被害が出れば、その被害を補塡する

ための費用(修繕費)などを損害として損害賠償請求

をすることができます。

 

妨害予防請求が裁判所に判決で認められたのに、

相手が妨害予防措置を取らない場合、

相手の代わりに自分で妨害予防措置を行い、

その予防措置の費用を相手に請求することが

できます(代替執行と言います)。

もっとも、相手が無資力者ですと、現実に費用を

回収することはできませんが、

隣地所有者として、土地や家を所有しているので、

所有する土地や家を差し押さえて競売にかける

ことができる場合が多いでしょう。