回答:

 

借主が何を理由にして「定期借家になってない」

と言っているのか分かりませんが、

定期借家契約をして、契約書があっても

定期借家にならないことがあります。

 

借地借家法では、

定期借家契約をするときには、

あらかじめ賃借人に対して、

契約の更新がなく、期間の満了により賃貸借は終了する

ことについて、

その旨を記載した書面交付して説明しなければならない

となっています(借地借家法38条2項)。

 

更に、その上、

「建物の賃貸人が前項の規定による説明をしなかった

ときは、契約の更新がないこととする旨の定めは、

無効とする」(借地借家法38条3項)

となっています。

 

つまり、

定期借家の意味を説明する38条2項の説明書面交付

して定期借家の意味を説明するということを

あらかじめ(契約前に)していないと、

定期借家であるという契約書の定めは無効になり

一般の普通の借家になってしまいます

 

なので、38条2項の説明書面を借主に交付して説明した

という証拠がないと、

借主から「38条2項違反なので定期借家という契約は無効

となり、一般の普通借家になっているので、大家は借主に

契約の更新拒絶ができない」と言われてしまうことに

なってしまいます。