回答:

 

土地については、固定資産税の評価額は、

平成6年の評価替えから地価公示の7割ベース

すると土地政策審議会で答申され、

当時の自治省から、その旨の通達が各自治体に

されました。

 

地価公示価格は、大昔は、時価よりもかなり低い

価格が公表されたりしていましたが、

現在は、実勢価格(時価)を示す適正な価格

公表すべきとされており、

結局、地価公示の7割ベースということは、時価の

7割ベースということになってくるので、

固定資産税の評価額は、時価の7割ということに

なってきます。

 

ただし、これは一応の方針・建前であり、個別の

土地によって、価格を形成する要因は様々なので、

固定資産税の評価額を0.7で割り戻した価格は、

時価としての一応の概算額にすぎないということに

なります。

 

また、建物については、固定資産税の独自の評価

をしていますので、

時価の何割だと言うことはできません。