回答:

 

行政は、違法建築物に対して、

除却、移転、改築、増築、修繕、模様替、

使用禁止、使用制限などを命ずることが

できるとなっています。

(建築基準法9条1項)

 

ただ、あくまでも

命ずることが「できる」であって、

命じなければならないということでは

ありません。

 

違法建築物に対して行政が何らかの措置を

するには、それなりの面倒な手続を要しますし、

既に、そこに人が住んで、長年生活している家

について、

取り壊せとか、移転しろとかの強い命令を出す

のは、その違法建築がよほど悪質な場合

限られますし、実際上、そのような強い命令は

ほとんど出ません。

 

なので、それほど大きな心配をする必要は

ないと思われます。

どうしても不安なら、市町村の建築課や

県の建設事務所に相談してみてください。

建て替えのときに、ちゃんと法律どおりに

してくださいねくらいで終わる可能性が

高いと思われます。