回答:

 

本当です。

 

自筆で書いた遺言書を自筆証書遺言と言いますが、

遺言書保管法という法律ができ、

法務局自筆証書遺言を保管してくれる制度が

あります。

 

自筆証書遺言を法務局に保管してもらうためには、

遺言をする本人が法務局に出頭して行わなければ

なりませんので、

お住まいの地域の法務局をネット検索などで探して

取り敢えず、電話で、手続のやり方を聞いたり、

出頭する日程の打ち合わせをする必要があります。

 

法務局に出頭するのは面倒なような気もしますが、

法務局の職員が、自筆証書遺言の方式について

外形的な確認(全文が自筆か、日付があるか、

署名押印があるか等)をチェックしてくれるの

自筆証書遺言を書いたけど無効になってしまうと

いうことは避けられる可能性が高くなります。

また、

遺言書保管制度を使って保管されていた自筆証書遺言

は、家庭裁判所の検認が不要となります。

(普通の自筆証書遺言は、家庭裁判所に持っていって

検認手続というのをしないと、有効な遺言書になりません)

 

ただ、どのような遺言をすれば良いかなど、

遺言の内容について法務局職員に相談することは

できませんので注意が必要です。