回答:

 

まず、隣人の土地の占有を始めた時期(庇(ひさし)

越境した時)は、

一定の一時点でなければなりません。

20年以上越境しているのが明らかなので、

15年前のこの日から越境し始めたことにする

と言うことはできません。

実際に越境した時から時効期間が始まります。

なので、裁判などでは、

いつから越境しているかを立証する必要が

あります。

 

そして、そもそも最初から時効取得できない場合

ですが、

 

時効取得をするためには「所有の意思」

もっていることが必要です(民法162条)。

 

過去に、隣人との約束で、

越境部分を撤去するまで、

越境している土地部分を借りるというような形

にしていると、

「所有の意思」が無かったことになるので、

「借りる意思」だったことになるので)

何十年間、越境していても時効取得しません。

賃料を払っていなくても、無償で(タダで)借りる

使用貸借という契約もあるので、

賃料・地代を支払っていなくても、

越境部分の土地を借りるという約束をしてしまった

のなら時効取得を主張できません。

 

そして、

「所有の意思」を持っていて、

時効取得したとしても、

隣人に時効取得を対抗できない場合もあります。