回答:

 

不動産侵奪罪(刑法235条の2)は、

不動産に対する他人の占有を排除して、

自己の事実上の占有を設定する犯罪です。

 

行為としては、他人の土地を塀で囲って

独占的に使用するなど

「侵奪」(侵して奪う)という言葉にふさわしい

悪質な行為でないと不動産侵奪罪は成立しません。

 

残念ですが

家の庇が越境しているくらいのことですと

不動産侵奪罪にはなりません。