回答:

 

正当防衛とは、

急迫不正の侵害に対して、

自己又は他人の権利を防衛するため、

やむを得ずにした行為は、罰しない

とされているものです(刑法36条1項)。

 

隣の庇(ひさし)が越境していることは、

何か差し迫った危険があるわけではないので

急迫不正の侵害」があるとは言いにくいですし、

庇(ひさし)を切ってしまわなくても、

越境部分の撤去を要求するなど

適法な他の方法もあるので「やむを得ずにした」

とはなりません。

 

越境している庇(ひさし)を切ってしまうと

逆に、あなたの方が建造物損壊罪(刑法260条)

などになってしまう可能性があります。

なので、そのようなことはなさらないように

してください。