回答:

 

第三者に全財産を相続させるという

遺言書を書いても、

奥様と娘さんには、遺留分と言って

最低限、相続財産を譲り受けることが

できる割合が決まっています。

(民法1042条)

 

奥様と娘さんは、2分の1遺留分があるので、

相続財産の2分の1に対して、法定相続分である

2分の1ずつの権利を主張でき、

全財産を遺贈された人に対して、

遺留分が侵害されたとして、自分たちの

遺留分に相当するお金を払えと請求することが

できるようになります。

(民法1046条)