回答:

 

相続放棄すれば、借金を相続することは

なくなりますが、

預金などのプラスの財産も相続できなくなります。

なので、もし、お住まいの家が御主人の所有名義

であれば、この家の相続もできなくなりますので、

そこに住むことができなくなる可能性があります。

 

ここで、

相続財産の預金などを自分のために使ってしまうと、

相続することを承認した(単純承認と言います)

ということになって相続放棄できなくなりますので

注意が必要です。

 

また、相続放棄をしても、相続財産を管理する義務

ありますので、

たとえば、相続財産の家の塀が崩れて通行人にケガを

させたというような場合に、管理不十分として

損害賠償請求されることがゼロとは言えません。

このようなことを防止するには、裁判所に相続財産管理人

の選任を申し立てて、相続財産管理人に相続財産を管理

してもらうということもあります。

相続財産管理人の選任等には費用が必要です。破産管財人

と同じく、弁護士が選任されることになります)

 

妻と子が相続放棄すれば、

次順位の法定相続人直系尊属(親や更にその親)なので、

御主人の父母や祖父母がご健在であれば、御主人の父母や

祖父母が借金を相続することになります。

この場合、御主人の父母や祖父母が相続したくなければ、

やはり、相続放棄をする必要が出てきます。

 

御主人の父母や祖父母が御主人が亡くなる前に

亡くなっていたり、

あるいは、ご健在であっても、相続放棄すれば、

今度は、更に次の法定相続人である御主人の兄弟姉妹

借金を相続することになります。

御主人が亡くなる前に亡くなった兄弟姉妹でも、その

兄弟姉妹に子がいれば、その人が借金を相続することに

なります。

この場合も、御主人の兄弟姉妹が借金を相続したくない

のであれば、御主人の兄弟姉妹も相続放棄することに

なります。

 

このようにして、

法定相続人が順次、相続放棄をして、

全ての法定相続人が相続放棄をすれば、債権者(借金取り)

は、相続人から借金を回収するということはできなく

なります。

法定相続人が相続を放棄した預金や不動産などが

残っていれば、

債権者(借金取り)が裁判所に相続財産管理人の選任を

申し立てて、

相続財産管理人に相続財産の整理をしてもらい

相続財産から回収することになります。

ただし、

相続財産管理人の選任には費用がかかりますし、

相続財産の中に不動産がある場合、競売にかけてお金に

変えるということをする必要が出てくれば、競売のため

の費用もかかってきますので、

これらのかかる費用と、実際にいくら回収できそうなのか

ということを考え合わせて、借金の回収をあきらめるか、

相続財産管理人の選任を裁判所に申し立てるかの

どちらかを選択するということになります。