回答:

 

限定承認は、相続人全員がする必要が

あります。

相続放棄は、法定相続人の一人だけが

することができますが、

限定承認は、

「相続人が数人あるときは、限定承認は、

共同相続人の全員が共同してのみこれを

することができる。」(民法923条)

となっています。

 

また、通常の単純相続では、相続税だけで

所得税の問題が発生しませんが、

限定承認をすると、

借金などのマイナスの財産がプラスの財産よりも

少ない場合、

その差額を所得として譲渡所得税がかかる可能性

があります。

なので、限定承認をする際には、税理士に相談

した方が良いかもしれません。