回答:

 

借家権財産権の一つとして

相続の対象になります。

 

御夫婦にお子さんがおられれば、

御主人の法定相続人は、妻であるあなたと

お子さんになります。

なので、

御主人が借主となっている借家権も

あなたとお子さんが相続することになります

 

したがって、

契約の更改など何もしなくても

あなたとお子さんが相続人として

自動的に賃貸借契約の借主になるので、

そのまま借家に住み続けることができます

 

御主人が亡くなったのを機に

あなたを借家人(借主)とする賃貸借契約を

大家さんと結び直すことは構いません。

 

ただ、

御主人の名前でやった賃貸借契約より

条件が悪くなっているような場合、

無理して契約を結び直さなくても良いです。

上に書いたように、御主人が生前にやった

賃貸借契約は、そのまま、相続人を借家人として

継続するからです。