回答:

 

相続人全員が合意するのであれば

遺言書の内容どおりでなくても良いです。

 

遺言書があっても、

相続人全員で相談して、

遺言書とは異なる形で財産を分けようという

ことになったら、

相続人全員が合意した内容で遺産分割協議書

作れば良いです。

 

遺言書に遺言執行者が決められている場合、

遺言執行者は、遺言の内容を実現する義務が

ありますが、

相続人全員が合意したことに敢えて反対することも

少ないでしょうから、

遺言執行者の了解を得て、遺産分割協議をすれば良い

です。

 

ただし、遺言書で、相続人ではない第三者に遺贈

しているものがある場合には、

その第三者利害関係人になるので、相続人全員のほか、

その第三者の同意も必要となります。