回答:

 

生前贈与(特別受益)がある場合、

遺産分割の計算上、遺産の額に特別受益の額を

加算します。

 

たとえば、

父が亡くなり、相続人が母と子(兄1人、弟1人)の

場合、

子の兄が生前贈与で3,000万円相当の不動産を父から

もらっており、

父が亡くなったときの遺産総額が1,000万円の場合、

遺産総額1,000万円に特別受益3,000万円を加算して

合計の4,000万円を基準にして計算します。

 

この場合、それぞれの法定相続分は、

母が2分の1、兄が4分の1、弟が4分の1となりますので、

兄の法定相続分の額は、1,000万円になります。

 

そうなると、生前贈与で3,000万円の不動産をもらって

いるので、兄は、2,000万円分をもらいすぎということ

になります。

 

御質問の内容は、このような場合に、

2,000万円を母と弟に返さなければいかないのかという

ことだと思われます。

 

結論として、

特別受益額が、法定相続分の額より多くなっても、その

差額を返す義務はありません

 

もちろん、法定相続分の額よりも多くもらっているので、

遺産の1,000万円の中から兄がもらえる分はありません。

既に、法定相続分以上のものを得ている兄を除いて、

母と弟が1,000万円を分けることになります。

 

法律どおりにするのであれば、

母の法定相続分は2分の1なので、母が、1,000万円の

2分の1である500万円を相続し、残りの500万円を

弟が相続するということになります。

 

兄が、自分はもらいすぎているので、

お金をいくらかずつ母と弟に交付するということ

を承諾すれば、相続人全員が合意して、

そのような内容で遺産分割をすることはできます。