回答:

 

あります。

御主人が全財産を妻に相続させるという

遺言書を残しておけば、

妻が全財産を相続できます。

 

子や親が相続人である場合は、

全財産を妻に相続させるという遺言書があっても

遺留分といって、

最低限相続財産を確保できる割合がありますが、

兄弟姉妹には、遺留分がありません

(民法1042条1項)

 

なので、

御夫婦にお子様がおらず御主人の御両親が亡くなっていて、

御主人の兄弟姉妹がいる場合、

御主人が全財産を妻に相続させるという遺言書を書けば、

妻が夫の全財産を相続することになります。

 

なお、遺言書は、形式が整っていないと

無効になることがあるので、

できれば、弁護士に依頼して公正証書で遺言書

作成することが望ましいです。