回答:

 

御夫婦にお子様がおらず

御主人の御両親も亡くなっている場合でも、

御主人に兄弟姉妹がいると

妻だけが夫の全財産を相続するというわけには

いきません。

 

御夫婦に子がおらず、御主人の御両親が亡くなって

いる場合でも、

御主人に兄弟姉妹がいれば、兄弟姉妹も相続人になると

法律で定められています。

このときの法律で決められている相続の割合は、

妻が4分の3兄弟姉妹が全員で4分の1です。

(民法900条3号)

この割合で、御主人の財産を御主人の兄弟姉妹

分けて相続することになります。