回答:

 

悪意の遺棄は、裁判上の離婚理由の

一つに挙げられています。

(民法770条1項2号)

 

しかし、

悪意の遺棄を理由に離婚請求できるのは、

遺棄された側です。

 

すなわち、あなたが奥様を遺棄しても

あなたから悪意の遺棄を理由に離婚請求は

できません。

遺棄した側のような離婚理由を作った方の

配偶者(妻から見て夫、夫から見て妻)を

有責配偶者と言います。

 

なお、当事務所では、現在、

離婚問題は取り扱っておりませんので

御了承ください。