回答:

 

遺言書を変更することは可能です。

 

なぜなら、

「遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、

その遺言の全部又は一部を撤回することが

できる。」(民法1022条)

となっているからです。

 

また、既にできている公正証書遺言を変更する

という手続を取らなくても

前の遺言と後の遺言と抵触するときは、

その抵触する部分については、

後の遺言で前の遺言を撤回したものと

みなす。」(民法1023条1項)

となっているので、

新しい遺言書を書いて、それが既にできている

公正証書と矛盾する内容のときには、

新しい遺言書の方が優先します。

 

新しい遺言書は、別に公正証書遺言である

必要はありません。

自筆証書遺言でもOKです。