回答:

 

そういう話はあり得ます。

 

今まで、借家人のために安い家賃で貸してあげていた

のに、そんなバカなと思われる気持ちは十分にお察し

します。

 

では、なぜ、そんなことになるのでしょうか。

 

よく、借家権の価値は、借り得部分の価値だと

言われますが、

このことは核心を突いています。

 

分かりやすく言うと、

安い家賃で借りている借家権ほど経済価値が大きい

からです。

すなわち、今、安い家賃で借りており、

別の場所に引っ越したら、今より高い家賃を支払う

はめになる場合、

今の安い家賃の借家に住み続ける経済的価値

非常に大きいということになります。

 

つまり、安い家賃で貸している借家人に立退きを

求めることは、

この経済価値の大きい借家権を放棄しろと求める

ことと同じことになるので、

その経済価値の大きさに見合うだけの立退料

支払わないと立ち退かないよ

ということになってしまうわけです。

 

そんなわけで、

家賃を安くして貸してあげてたのに、そのために、

かえって高い立退料を支払って立ち退いて

もらう結果になることがあり得るということに

なります。