回答:

 

相続放棄は、原則として、相続開始があったことを

知ってから3か月以内にしなければならず、

この3か月の期間のことを熟慮期間と言います。

 

当初の法定相続人であれば

被相続人(亡くなった人)が亡くなったのを知った時に

自分が相続人になったことを知った、すなわち、

相続開始があったことを知ったということになるので、

熟慮期間は、被相続人が亡くなったのを知った時から

3か月ということになりますが、

 

質問者様は、当初の法定相続人ではなく

法定相続人である兄の妻子が相続放棄したことを

知って、初めて自分が相続人になったことを知った

すなわち、相続放棄があったことを知った時に、

自分にとって相続開始があったことを知った

いうことになります。

 

なので、熟慮期間は、相続放棄があったことを

知った時から3か月ということになります。

質問者様は、この期間内に相続放棄をすれば良いです。