回答:

 

タケノコを切って、食べてしまっても

構いません

 

民法では、木や竹のが隣の土地から

自分の土地に越境して伸びてきたとき

「隣地の竹木のが境界線を越えるときは、

その竹木の所有者に、そのを切除させる

ことができる。」(民法233条1項)

としているので、

竹木の所有者にを切ってくれという請求権

があるだけで、無断で勝手に切ることは

できないとしています。

 

しかし、については、

「隣地の竹木のが境界線を越えるときは、

その切り取ることができる。」(民法233条2項)

となっているので、

隣の竹のが地中を這って、タケノコとして

自分の土地に出てきた場合、

無断で勝手に切ることができます

 

そして、を切り取ったら、切り取った処分権

ないし所有権は、切り取った人が取得すると解されて

いますので、

(勝手に切り取って良いとしながら、切り取った根

を勝ってに処分できないとするのは矛盾するので)

切り取ったタケノコは、食べてしまっても良い

ということになります。