リアルバリュー法律事務所での解決事例です。

当事者の特定を避けるため、

いつ頃の案件かが分からないように年月日などは

伏せます。

また、事案の本質を変えない程度に事実関係を

変えてあります。

 

この案件は、建物売買を仲介した宅建業者さんが

損害賠償請求された事案です。

 

売買された建物に欠陥があり、使いものにならない

ため、売買代金分その他の金額を損害賠償しろとして

訴えられました。

具体的な損害賠償請求理由の一つは、

宅建業者さんが、重要事項説明のときに、

建物に欠陥があることを説明しなかったが、

少し調査すれば判明するような欠陥を説明しな

かったのは、重要事項説明義務違反だとするものでした。

 

重要事項説明義務違反だという主張に対しては、

建物の欠陥は、宅建業者が容易に分かるようなものでは

なかったことなどを主張立証し、

この部分については、判決でも、こちらの主張が

全面的に指示されました。

なので、本来であれば完全勝訴するはずでした。

 

ただ、問題はまだあり、

相手方の具体的な損害賠償請求理由に、もう一つ、

重要事項説明のときに宅建士でない従業員

説明したというのがありました。

 

法律では、重要事項説明は、重要事項説明書を買主

に交付して、宅建士宅建士証を買主に提示した上で

しなければならないと法律で決まっており、

宅建士でない者重要事項説明をしても、法律的には

重要事項説明をしたことにはなりません。

 

宅建士でない者が説明をしたという事実は、

依頼人である宅建業者さんは、最初から認めており、

当事者尋問でも、そのように答えていたので、

これは、原告・被告双方に争いの無い事実でした。

 

なので、実際の判決は、

宅建業者さんには、建物の欠陥を説明しなかった

という責任は全く無いが、

宅建士でない者重要事項説明をしたということは

重要事項説明をするという仲介人の義務を果たして

いないので、仲介人としての仕事をしなかった以上、

もらった仲介料を買主に返還する義務があるといった

ものでした。

 

相手の請求は、売買代金相当の損害だったので、

請求額は数千万円でしたが、それは判決が完全に

否定しました。

ただ、仲介料分の何十万円かを買主に返せという内容

の判決にはなったので、完全勝訴になりませんでした。

(それでも、数千万円の請求を完全に退けること

が出来たので、私の仕事としては、やれることは

やったという結果になりましたが。)

 

実質的には勝訴判決と言えるかもしれませんが、

宅建業者さんが重要事項説明宅建士にさせていれば

本当の完全勝訴になったはずなので、ちょっと残念な

気持ちにはなりました。

宅建業者さんは、忙しくて宅建士に説明させている暇が

あまりないというようなことがあるのかもしれませんが、

やはり、後から何が起きるか分かりませんし、

無資格者に説明させることは明確な法律違反なので、

やはり法律どおり、宅建士重要事項説明をさせる

という基本をはずしてはいけません。