リアルバリュー法律事務所での解決事例です。

当事者の特定を避けるため、いつ頃の案件かが

分からないように年月日などは伏せます。

また、事案の本質を変えない程度に事実関係を

変えてあります。

 

親が土地・建物だけ相続財産として残し、

それを3人の子(兄弟)が相続し、その

遺産分割について依頼されたときの話です。

 

子のうちの誰かが、相続財産である土地・建物に

居住しているような場合は、

居住している子が、土地・建物を単独で相続し、

他の2人には、代わりにお金を払って(「代償払い」

といいます)解決することが多いです。

 

3人の共有にしてしまうと、後々、兄弟間での

揉め事の元になったり、

孫、ひ孫と代が下るにつれて、権利関係が複雑に

なってくるからです。

すなわち、

共有にすると、将来のトラブルを抱え込むことに

なるおそれがあるからです。

 

もっとも、

代償払いをするだけの資力・財産が無いときには、

その相続財産である土地・建物を売って、

売買代金(お金)を3人で分けるということも

あります。

 

本件では、兄弟3人とも、それぞれ相応の資力があり、

誰かが土地・建物の単独所有者になって、

ほかの2人に代償払いをすることが可能なケースでは

ありました。

 

しかし、相続財産である土地・建物は、いわくつきの

物件であったため、

兄弟の誰も、これを欲しがりませんでした。

どのようないわくつきだったのかを述べると、「あ、

あれか」と気づいてしまう人もおられると思うので、

いわくについては詳しく触れません。

 

それで、結局、売却して売却代金を兄弟で分けようと

いうことになったのですが、

いわくつき物件のため、いくつかの不動産業者に照会

したところ、

「通常の半額で売れるかどうか、いや、そもそも

買い手が現れるかどうか」

という感じでした。

 

そのため、

私が、不動産鑑定士としての業務を通して

知り合うようになった、

もう頼めるのは、ここしかないだろうと

思われた、いわくつき物件に詳しい不動産業者

に、何とか買主を探してくれないかと、

拝み倒しました。

 

この業者は、

「梅村さんに頭を下げられたんじゃ、

しょうがないなあ」

と、一生懸命に頑張ってくださって、

依頼人から、

「結構な値段で売れましたねえ」と

喜んでいただける結果となり、ホッとした次第です。

(売れないと、いつまで経っても、遺産分割

終了しないので)