相続問題に失敗すると人生を台無しにしてしまう。

近年、相続に関する法律の大きな改正が続いています。
しかも、平成27年の相続税法改正による基礎控除額の大幅引き下げなど、多くの人々に影響があり、かつ、切実な問題に関する改正が行われてきています。
40年ぶりとなる民法の相続規定の大きな改正も行われ、多くの改正部分は、2019年7月1日から施行されます(自筆証書遺言に関する改正のように既に施行されているものもあります)。
また、法改正で変わらない部分でも一般市民にとって重要な決まりは多くあるので、変わらない部分、変わった部分の両方について、追々解説していく所存です。

新・裁判例 相続税申告業務を依頼された税理士に損害賠償を命じた案件(令和元年11月1日掲載)

最新情報 相続の法律

最高裁判所の判決を判例と言ったりしますが、最高裁以外の裁判所の判決は裁判例と言ったりします。 東京地裁・平成30年2月19日判決 (判決要旨)  「相続税申告業務における小規模宅地等の特例の適用に   関する税理士の方法 […]

特別受益(平成31年3月4日掲載)

最新情報 相続の法律

特別受益とは、分かりやすく言うと、 被相続人(亡くなった人)から生前贈与を受けた相続人は、 生前贈与を受けた分だけ相続する財産が減るという制度です。 多額の生前贈与を受けていれば、何も相続できない場合もあります。 特別受 […]

ページの先頭へ