他の相続人から相続財産を横領したと邪推される

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例です。
当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように
年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。

親が死亡し、相続人である子(姉妹)の間で遺産分割協議を進めようとしたとき、
姉が妹に対して、
「相続財産の中に預金から何回にも渡ってお金が引き出された使途不明金がある。妹のあなたが預金から抜いたんでしょ。」
という意味のことを言い、分割協議が紛糾してしまった案件です。

ただの紛糾では収まらず、
姉は、その後、弁護士に依頼して家事調停を申し立ててきました。
ただ、その内容は、遺産分割調停の申立てではなく、親族関係を円満に調整することを求める調停の申立てでした。
遺産分割調停の申立てですと、遺産目録の作成とか色々と面倒くさいので、このような抽象的な申立てにしたのでしょうか。

妹さんは、仕方なく私に代理人を依頼してきたというわけです。

妹さんには相続に関する預金通帳や振込控えや各種領収証や生前の保険金の受領の経緯の控えなどあらゆる書類を持ってきていただき、お金の流れを詳細に調査しました。

その結果、確かに、妹さんは、親の生前に親の預金通帳などからお金を引き出したりしてましたが、
それらは、領収証その他、他の資料から、全て、妹ではなく、亡くなった親のために引き出したものであると確認できました。

むしろ、逆に、
妹に対して、「親の預金からお金を抜き取っただろう」と言ってきた、
その姉が親の生前に、親の財産を2000万円近く使い込んでいることを発見してしまいました。

そこで、裁判所に主張書面を提出し、
「妹が親の預金から引き出したお金は全て親のために使用したものであり、領収証などの証拠で説明できる。」
「むしろ逆に、姉の方が親の財産を使い込んでいることを発見した。」
という内容を主張したところ、
姉が調停の申立てを取り下げました

私は、妹さんに、
姉が親の財産を使い込んでいたことを主張すれば、遺産分割で有利になると説明しましたが、
妹さんは、姉妹で骨肉の争いをしたくないのでと言って、
争うことを固辞したため、遺産分割自体は円満に進むことになりました。

 

名古屋近郊の方限定、初回30分無料相談

名古屋近郊の方を限定とした初回30分無料相談を行っています。
下記まで今すぐお電話ください。
TEL : 0120-987-976

※ 電話のみにての相談は行っておりません。当事務所にお越しいただける方のみの無料相談となります。

このページの先頭へ