離婚したのはあなたのせいと言われて500万円を損害賠償請求された

この案件は、離婚した夫婦の妻から「離婚したのはあなたのせい」と言われ、ある女性が500万円の損害賠償請求訴訟を裁判所に起こされたものです。

もちろん、妻子ある男性と不貞行為(いわゆる不倫)していれば、数百万円の損害賠償を裁判所が認める可能性があります。
この案件は、不貞行為がなかった案件ですが、相手の妻が出してきた証拠からすると不貞行為があったと裁判所が認定してもおかしくない事案でした。
原告である相手の妻は多数の証拠を出してきましたが、その証拠で示される事実自体は否定できないものだったので担当の裁判官も何か原告寄りになりかかっていました。
  
このまま訴訟を続けて判決まで行くと裁判官が不貞行為があったと認定してしまえば、私の依頼者である女性に数百万円を払えという判決が下ることになります。
また、仮に不貞行為があったかどうかあいまいという結論に裁判官がなったとしても、原告が出してきた数々の証拠から、この女性が相手の離婚の理由になったという事実認定がされるのはほぼ間違いが無く、相当な額の損害賠償金を払えという判決が出るのは確実でした。
  
そこで、依頼者の女性にも十分な説明をした上で、相手方を一生懸命に説得し、和解することができました。
和解金は50万円で、しかも月々10万円ずつの分割払いにしてもらうことに成功しました。
 
訴訟で請求された金額は500万円で、それより大きく減額した結果になり、依頼者の女性にも喜んでもらえました。

 

名古屋近郊の方限定、初回30分無料相談

名古屋近郊の方を限定とした初回30分無料相談を行っています。
下記まで今すぐお電話ください。
TEL : 0120-987-976

※ 電話のみにての相談は行っておりません。当事務所にお越しいただける方のみの無料相談となります。

このページの先頭へ