「最新情報」の記事一覧(2 / 4ページ)

特別受益と扶養義務との関係(判例その1)(平成31年3月9日掲載)

親が子に金銭的援助をしていた場合に、それが特別受益となるかどうかは、親の援助が扶養義務の範囲内と言えるかどうかが鍵になります。 たとえば、平成21年1月30日東京家庭裁判所審判では、被相続人から相手方に対する送金のうち、・・・

特別受益になる生前贈与とは何か(平成31年3月5日掲載)

前の記事に書いたように特別受益になるかどうかで相続する財産の額が大きく違ってくることがあるためある財産を生前に譲り受けたことが特別受益かどうかが争われることがあります。 特別受益になるような生前贈与とは、判例上は「生計の・・・

特別受益(平成31年3月4日掲載)

特別受益とは、分かりやすく言うと、 被相続人(亡くなった人)から生前贈与を受けた相続人は、 生前贈与を受けた分だけ相続する財産が減るという制度です。 多額の生前贈与を受けていれば、何も相続できない場合もあります。 特別受・・・

無道路地でも隣地通行権があれば建築確認が下りるか?(2019年3月3日掲載)

無道路地とは、公道に接面していない土地のことです。 公道とは、国道・県道・市町村道・その他建築基準法で道路と認定されている道のことです。 つまり、 無道路地とは、他人の土地を横切らないと公道に出ることができない土地です。・・・

建築確認が下りない! なぜ、1.8mしか接道してないの?(2019年3月3日掲載)

土地に建物を建築するためには、その土地が道路に接面していなければなりません。 これを接道義務と言います。  しかも、ただ接面しているだけではダメで、土地と道路が接面している部分の間口が2m以上なければなりません。 そうで・・・

共有物分割調停で不動産の価格に関する意見書を提出して決着(2019年2月26日掲載)

リアルバリュー法律事務所での解決事例です。当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 親が亡くなった後、土地について、兄と妹・・・

遺留分減殺請求で不動産鑑定評価書を提出して有利に(2019年2月25日掲載)

これも遺留分減殺請求に関する事案です。この案件は、私の依頼人が原告として遺留分減殺請求の訴えを提起したものです。 姉妹のうち、姉が遺言によって全ての相続財産を相続することになった案件で、その遺言書も姉が無理矢理に書かせた・・・

土地の所有者は、空も地下も俺の物?!(2019年2月23日掲載)

所有権者は、法令の範囲内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をすることができ(民法206条)、土地の所有権は、法令の制限内において、その土地の上下に及ぶとされています(民法207条)。 民法では、特に土地の上下・・・

債権とは?(2019年2月23日掲載)

民法は、人間どうしの貸し・借りについて規定しています。ここで言う「貸し・借り」とは、お金に関することだけではなく、親族の中での血縁関係での貸し・借りや、夫婦という関係における貸し・借りや、仕事や人間関係から生じる貸し・借・・・

物権とは?(2月22日掲載)

売買契約にしても、賃貸借契約にしても、契約というものには「物」が関係していることが多くあります。 「物」を売ったり、貸したりできるのは、売主や貸主がその「物」の所有権など、その「物」に対して何らかの支配権を持っているから・・・

このページの先頭へ